転職前に知っておきたい!コンプライアンスオフィサーとは?

コンプライアンスオフィサーとは会社のルールを定めたり社員に知って貰うために研修を開いたりする仕事。

転職前に知っておきたい!コンプライアンスオフィサーとは?

コンプライアンスオフィサーとは会社を守るための大事な仕事です。

◎大企業もコンプライスオフィサーを配置≫≫https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bse1804060500002-n1.htm

密かにコンプライアンスオフィサーを志望する人はいますが、具体的な仕事内容は知っていますか?

「真面目なだけ」「正義感が強いだけ」という人は転職出来たとしても長続きしません。

コンプライアンスオフィサーがどのような仕事なのかお教え致します。

☆社内のルールを決める大切な仕事

コンプライアンスオフィサーとは所属する会社や業界などによって仕事内容が異なります。

しかし、共通しているものもあり、その内の1つが「ルールを決めること」です。

会社にはさまざまなルールが存在します。

勤務時間や月の残業可能時間、やってはいけないことなど会社のルールはコンプライアンスオフィサーが考え決定しているのです。

会社が上手く動くために、社員が働きやすいと感じてくれるように、コンプライアンスオフィサーは考えなければいけません。

☆社員に徹底させる教育者となることも

コンプライアンスオフィサーはルールを決めて終わりではありません。

折角決めたルールも社員に知らせなければ意味がないのです。

コンプライアンスオフィサーは定めた規則を社員に知らせる役割もあります。

ルールは時代に合わせて変わっていくものです。

会社のルールもその都度変更されていくでしょう。

そのため、コンプライアンスオフィサーは定期的にルールを周知するための研修も行うのです。

☆会社のために考え行動出来る人に向いている

コンプライアンスオフィサーは上記の2点以外にも社員からの相談を聞くこともあります。

定めたルールに関して苦情が届いたら、しっかりと聞きより働きやすくなるようルールを改善していかなければいけません。

自分がコンプライアンス関連の仕事に向いているのか考えてみてください。